攻撃の個人戦術(ドリブル7)







攻撃の個人戦術(ドリブル7)

更新日:2016年02月13日

攻撃の個人戦術(ドリブル7)

 



突破のテクニックA
※相手の足が揃ったときが突破のチャンス

---突破の狙い目---
ドリブル突破をはかるときは、相手のポジションや重心配分
からだの向きをチェックする。特に大事なのは足の位置。
足が揃っている場合は、スピードで勝てる確率が高い。

---相手の足を見る---
通常、相手DFはワンサイドカット等で対応するため
半身の体勢になるが上体を揺さぶり相手を惑わすことで
瞬間的に平行足の状態になる。

---スピードで仕掛ける---
相手DFが平行足になったら、一気にスピードで突破する。
相手は動き出しに、時間がかかるため速いスピードに
対応できない。

 

★★★人間のからだは平行足になると、動き出しに時間がかかる★★★

 

ドリブルをする選手はゴールに向かって、前に進みながら走る。
それを防ごうとする相手の選手は、ゴールを背にして半身の状態で
バックステップを踏む。

 

当然、後ろに下がりながら対応する動きは、前に進む動きより
不自然なものになる。そこに突破のチャンスがある。

 

上体を左右に動かし、揺さぶりをかけることによって、相手は方向を読めず
一瞬、半身の状態からドリブルをする選手に対して正面を向くことになる。

 

つまり足が平行に揃った状態になる。人間のからだというのは足が揃うと
動き出しに時間がかかる。ココが狙い目だ。

 





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ