攻撃の個人戦術 プルアウェーA







攻撃の個人戦術 プルアウェーA

更新日:2016年02月13日

攻撃の個人戦術 プルアウェーA

 




プルアウェーの応用
※一度視野から消えてふたたび現れる

---プルアウェーからの変化---
チーム戦術の一つになる動き。センタリング時に、
ファーサイドを狙うと見せかけてニアサイドで合わせる。
その共通認識がパスの出し手と受け手にあれば、得点チャンスになる。

---DFの予測を逆手にとってマークをはずす---
経験豊富なDFなら、マークしている選手がプルアウェーの動きをすることを
予測しながらポジショニングをとる。その場合には、DFの予測を逆手にとる
ことが効果的だ。たとえば、サイドからセンタリングが上がるとき。
プルアウェーの動きでDFの背後をつこうとすると、DFはそれを阻止しよう
として同じ方向に移動する。その瞬間に逆方向(ボールに対してファーサイド
に動いていればニアサイド)へ走り出せば、DFの対応が遅れるため、マーク
をはずすことができる。FWは常に先手をとることが大切だ。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

@サイドからセンタリングが上がってくる場合。あえて相手DFから離れず、
ボール保持者の動きを見ながら、同じポジションをとる。

Aプルアウェーの動きでDFから一度離れる。その動きを読んでいる相手は
目線とカラダをFWに向けて対応する。

B相手DFが重心を移動させ、カラダを寄せてきた瞬間に、ニアサイドに走り込む。
素早く相手とカラダを入れ替えることがコツ。

C相手の読みの裏をとることで、マークがはずれる。ニアサイドで合わせるには、
このような動きがとても有効になる。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ