攻撃の個人戦術 プルバック







攻撃の個人戦術 プルバック

更新日:2016年02月13日

攻撃の個人戦術 プルバック

 

 

 

プルバックの基本
※素早い切り返しによる前後の動きでマークをずらす

---プルバックの動き方---
ゴール前に走り込み、パスが出る瞬間に後方に下がる。
走りこむスピードが遅いとマークははずれない。
緩急をつけてDFを惑わすことがポイントになる。

☆POINT☆
ボール保持者との呼吸を合わせることが成功の秘訣

---ゴール前に走り込むスピードが大事---
味方の選手が敵陣の深い位置やゴールライン際に切り込んできたときは、
プルバックの動きでフリーの状態を作ろう。
プルバックとはプルアウェーの変化形で、前後の動きでマークをはずす事。
ゴール前に走り込み、パスが出る瞬間にバックステップで後方に下がる。
DFは急に立ち止まることができないため、マークする選手を離してしまう。
ゴール前に走り込むスピードが速いほど、DFは対応しにくい。これもパスの
出し手と受けてとのコンビネーションが必要だが、戦術の一つとして取り入れて
いれば試合で役に立つ。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
@ボール保持者が敵陣の深い位置まで、突破して来た場合。
ニアサイドで合わせるフリをして、ゴール前にスピードをつけて走り込む。

Aボール保持者がボールを蹴ろうとする瞬間に、バックステップを踏んで
後方に下がる。ボール保持者との呼吸が大事なポイント。

B全速力でニアサイドに走り込んでいれば、相手DFはプルバックの動きに
対応できない。これでマークがはずれてフリーになる。

C後は味方のパスを受け、冷静にゴールを決めるだけ。DFは呆然と見送る
だけで、何もできない。ボール保持者とのコンビネーションが決め手となる。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ