攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@







攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@

更新日:2016年02月13日

攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@

 

 

ワン・ツーの原則
※相手をできるだけ引きつけパスを正確に出す

---相手DFを引きつけない---
相手(DF)のポジションを見ないでパスをおくれば、
当然カットされる確率が高くなる。
ひとりよがりのワン・ツーをする人が多いので注意しよう。

☆POINT!☆
パスカットされるワン・ツー

---相手DFを引きつける---
パスコースを読まれないためにも、
できるだけDFを引きつけてからパスを出す。
正確に、かつボールスピードを速くすればワン・ツーは成功する。

☆POINT!☆
DFをできるだけ引きつけてからパスを出す

---パスの出し手と受け手の間隔にも注意する---
ワン・ツーはパスの精度とボールスピードが重要なポイントで、
それは出し手側も受け手側も同じ。パスの精度が悪ければ失敗
するし、ボールスピードが遅ければパスカットされてしまう。
ワン・ツーは速いパスが絶対条件だ。
パスの出し手側はパス・アンド・ゴーの動きが基本だが、さら
に受け手と相手のポジションを見極めなければならない。
受け手との距離が「遠すぎず近すぎず」の状態であること。
そして相手をできるだけ引きつけてからパスを出す事がコツ。
自分の都合だけでパスを出すのは、チーム戦術上大きなマイナスになる。






関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ