攻撃のグループ戦術 トライアングル







攻撃のグループ戦術 トライアングル

更新日:2016年02月13日

こんにちは、今日はトライアングルの原則を使用して、
戦術を勉強していきましょう。その前にクイズです。


問題:プロの試合は前半・後半合わせて何分ゲームですか?
これも、知らないといけないことだと思いますよ。
答えは、いつも通り記事下にあります。↓


攻撃のグループ戦術 トライアングル

 

 

トライアングルの原則
※三角形のポジショニングでパスの選択肢を増やす。

---パスカットされやすい3人の位置関係---
Aがサポートに入っても、同一ライン上にポジションを取ると、
パスコースは増えない。相手DFは簡単にパスを読んで
ボールを奪うことができる。

☆POINT!☆
同じ高さのポジショニングは効果なし

---パスコースを増やす3人の位置関係---
Aが同一ライン上に並ばず、
トライアングルになるポジションを取ることによって、
相手はパスコースが読めなくなる。Aがどこに動くかがポイントだ。

☆POINT!☆
Aがトライアングルを形成する

---同一ライン上に並んではいけない---
トライアングルという戦術上のセオリーは使い古された言葉であるが、
もう一度、その意味を確認してほしい。
ボール保持者に対してサポートに行く場面や数的優位を作ろうとする
場面で、ポジショニングが悪い選手が目立つ。それはトライアングル
の本当の意味を理解していないからだ。
3人の選手が三角形のポジションを取るメリットは、パスの選択肢を
増やし、攻撃のバリエーションをつけることにある。
いくら数的優位を作っても、3人が横に並んでいてはパスコースが一
定になり、DFは対応しやすくなる。

 

 


答え:90分ゲーム
これは、プロでのゲーム時間。高校生でも大会によって、いろいろ大会
規約で決められます。すべてのゲームが90分ではないことを知っていてね。






関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ