攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール







攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール

更新日:2016年02月13日

 

 


こんにちは、今日はゲームコントロールについて勉強していきましょう。
その前にクイズですよ。


問題:ゲームを途中で審判が止めます。時間が止まります。ゲーム終了時間が
過ぎて、昔はロスタイムといってました。
さて、今現在のこのロスタイムの呼び方は何でしょうか?
答えは記事下にありますよ。


攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール

 

 

チームの意思統一
※ボールを奪うゾーンを明確にする。

---「自陣」で数的優位を作る---
引き気味にポジションを取り
自陣の深い位置で数的優位を作る。敢えて敵に攻めさせ、
相手DFの裏のスペースを大きくすることでカウンターが狙いやすくなる。

☆POINT!☆
DFラインでボールを奪う

---「中盤」で数的優位を作る---
最終ラインを押し上げ、FWも戻って守備をする。
中盤の人数を増やすことで数的優位を作りボールを奪う。
そこからサイド攻撃、もしくは中央突破をはかる。

☆POINT!☆
中盤を厚くしてボールを奪う

---数的優位な状況を作るエリアを決める---
チーム戦術は、当然ピッチ上の11人の意思統一があって初めて成り立つ。
どんな戦術をとるにしろ、その大前提となるのは「どこのスペースでボ
ールを奪うのか」というコンセプトだ。
ラインコントロールについては「守備編」で説明するとして、どの地域
でボールを奪い、攻撃を展開していくのかを明確にしなければならない。
サイドを起点に攻撃するのか、中央を狙うのか、それともカウンターを
重視するのかは、そのボールを奪うゾーンによっても変わってくる。
問題はどのエリアで数的優位を作るか、ということだ。

 

答え:アディショナルタイム
聞いたことありますよね。これからは、ロスタイムといわずアディショナルタイム
とよびましょうね。





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ