攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA







攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA

更新日:2016年02月13日

 

こんにちは、今日は、昨日の続きサイドチェンジを学びましょう。
で、今日もクイズです。

 

問題:一発退場で出されるカード! 何カードと呼ぶ。
これも簡単!答えはまた、記事下ですよ。

 

 

攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA

 

 

サイドチェンジの原則A
※理想はダイレクト。リスク回避は経由パス。

 

---ハイリスク・ハイリターン---
ダイレクトパスが成功すれば守備陣の対応が遅れてチャンスになるが、
失敗してパスカットされると大きなピンチを招いてしまう。
このパスは絶対に失敗しないことが条件となる。

 

☆POINT!☆
ダイレクトパスは細心の注意を!

 

---ローリスク・ハイリターン---
ボランチやストッパーなどの中央に位置する選手を経由して、
サイドを変える。人数をかけすぎると時間がかかり
効果がなくなるので、一人の経由が望ましい。

 

☆POINT!☆
経由パスでサイドチェンジ

 

---ダイレクトパスの失敗は一転大ピンチに---
攻撃するとき、相手守備陣はボールを奪うために数的優位な状況を作ろうとする。
ボールサイドに人数をかけるほど、その反対サイドにはスペースが生まれる。
ここをつくのがサイドチェンジの意図であり、できるだけ早くボールを動かすことが鉄則だ。
理想は一発でのダイレクトパスだが、パスカットされると一転大ピンチに陥るため、
精度の高いキックが要求される。

 

それが難しい場合には、中央からの展開でサイドを変えていく。
ボールをとられるリスクを最小限にしながら、すばやくパスを回していこう。

 

答え:レッドカード
みんな簡単すぎましたよね。小学生には他にグリーンカードがあります。
相手に対して良いことをしたらもらえますよ。





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC