攻撃のチーム戦術 アーリークロス@







攻撃のチーム戦術 アーリークロス@

更新日:2016年02月13日

 

こんにちは、今日の学びはアーリークロスです。
良いアーリークロスが入ると得点アップできます。

 

今日はアーリークロスを勉強しましょう。
その前に簡単なクイズです。答えは記事下です。

 

問題:ボールが手に触れる、ボールを触ったときの反則を何という?

 

攻撃のチーム戦術 アーリークロス

 

 

アーリークロスの原則@
※敵陣の守備が整わない速攻時にクロスをあげる。

 

---中の状況を見ながら、タイミングを図る。
速くて正確なパスが成功の決め手になる---

 

---アーリークロスの基本パターン@---
サイドでボールを奪ったら、素早くクロスを入れる。
ここでドリブルをすると相手守備陣が整ってしまう。
ゴール前が1対1の状況なら、迷わずアーリークロスだ。

 

☆POINT!☆
速攻時はシンプル、かつ正確に

 

---攻守の切り替えを早くしなければ点は取れない---
ボールを奪ったら動き出しを早くして、相手守備陣が整わないうちに
素早く攻める。この攻守の切り替えが現代サッカーには特に重要だ。
守備の組織化がすすむ昨今では、切り替えの遅さは致命的なミスとな
るので気をつけてほしい。

 

速攻を戦術の柱にするチームは、アーリークロスを多用するべきだ。
ドリブル突破をはかるのも有効だが、ドリブルはパスのスピードに比
べると時間がかかる。

 

サイドでボールを奪ったら、ボール保持者はFWのポジションを
(もちろん相手DFも)見て、精度の高いボールを供給しよう。

 

答え:ハンドリング、ハンド
そうです。サッカーは手でボールを扱えませんもんね。
ペナルティーエリアではPKになりますので気をつけましょうね。





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ