攻撃のチーム戦術 アーリークロスA







攻撃のチーム戦術 アーリークロスA

更新日:2016年02月13日

 

こんにちは、今日もアーリークロスです。知識を深めていきましょう。
その前に簡単クイズです。

 

問題:守備側が反則しました。でも、途中でゲームを止めると攻撃側に不利になる。
敢えて続行させることを何を観ているという。

 

攻撃のチーム戦術 アーリークロス

 

 

アーリークロスの原則A
※GKとDFラインのスペースが大きいときが狙い目

 

---FW2人、DF4人の場面。ボール保持者がドリブルで切り込むのもひとつの手だが、
アーリークロスによって中央は1対1になり、得点チャンスが生まれる。---

 

---アーリークロスの基本パターンA---
DFの裏にスペースがある場合、中央からの攻撃はスルーパス、サイドからはアーリークロスが効果的。
サイドからのクロスはDFの対応が難しく、チャンスになりやすい。

 

☆POINT!☆
DFラインの裏を狙う

 

---DFが高い位置でラインを揃えている場合---
相手チームが中盤や前線でプレスを重視している場合は、
DFの最終ラインを高い位置に押し上げるため、GKと最終ラインの
間には比較的スペースが生まれやすい。

 

アーリークロスは速攻時にもっとも威力を発揮するが、遅攻時には
そのスペースが大きくなったときが狙い目になる。
とくにDFが高い位置でラインを揃えているときは、裏のスペースに
ボールを放り込むといい。

 

DFは戻りながらの対応を迫られるため、マークが外れやすく、FWは
有利な体勢やポジションを取ることができる。

 

答え:アドバンテージを観る
審判が試合の流れに応じて判断することです。ファールがあっても
流すこともできるし、遅れてファールをとることもあります。





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ