攻撃のチーム戦術 カウンターアタック







攻撃のチーム戦術 カウンターアタック

更新日:2016年02月13日

こんにちは、今日の課題は、カウンターアタックです。
カウンターアタックの知識をもっと深めていきましょう。
その前に問題です。解答は記事下です。


問題:プレーヤーがスローインの時、ヒザをつく、または、
正座してスローインをした場合どうなる?
1、スローインのやり直し
2、相手のスローインになる
3、間接フリーキックが与えられる
4、警告、イエローカード与えられる


攻撃のチーム戦術 カウンターアタック

 

 

カウンターアタックの原則
※素早く、かつシンプルに攻撃を仕掛けることが鉄則


---カウンターアタックの場面---
相手守備陣が整わないうちに、素早く攻撃を仕掛け、
チャンスを作り出す。

---カウンターの基本パターン---
ボール保持者は素早い攻撃を心がけ、できるだけシンプルに動く。
パスの受け手側は動きが重ならないように全速力で走る。
カウンターは最低限、シュートまでいくことが鉄則だ。

☆POINT!☆
ボール保持者の状況判断が成功のカギを握る。

---相手に攻めさせる勇気が必要---
カウンターアタックをチーム戦術の柱とする場合、全体的に引き気味
のポジションを取り、最終ラインを自陣の深い位置まで下げる。

あえて相手チームに攻めさせる勇気が必要だ。

相手の攻撃が厚くなるほど、相手守備陣の裏には大きなスペースがで
きる。

その背後を突いて、素早く逆襲するのが狙いだ。

ボールを奪ったら、有利な位置にいる選手はたとえDFであっても、
全速力で攻撃に参加することがポイント。

攻撃に参加する人数が多いほど、相手DFはターゲットがしぼれず、
有利な展開を作ることができる。

 

答え:2相手のスローインになりますね!
ファールスローとしての扱いになるんですね。
プロの選手でもファールスロー多いと思うのですが、
ほとんど取りませんよね!子どもの影響のためにもせひ取ってもらいたいものですね(^o^)





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ