攻撃のチーム戦術 セットプレー@







攻撃のチーム戦術 セットプレー@

更新日:2016年02月13日

こんにちは、今日の課題は、セットプレー@です。
セットプレーの知識をもっと深めていきましょう。
その前に問題です。解答は記事下です。

 

問題:スローインで回転スローインをした。この場合どうなる?

 

1、相手に直接フリーキックが与えられる。
2、もう一度やり直し。
3、危ないのでレッドカード。
4、ファールではない。

 

 

攻撃のチーム戦術 セットプレー@

 

 

コーナーキック@
※ニアサイドORファーサイド、ショートコーナーを使い分ける

 

---ニアサイドを狙ったコーナーキックの場面---

Jリーグでもセットプレーからの得点率は高く、

重要な技術としてどのチームも力を入れている。

 

---コーナーキックの基本パターン---

ニアサイドかファーサイドで合わせる。

ショートコーナーやペナルティエリアの外からミドルシュートを狙う変化形もある。

キッカーがサインを送って狙いを知らせてもいい。

 

☆POINT!☆

1、ニアサイド狙い。

2、ファーサイド狙い。

3、PKマーク狙い。

4、ショートコーナー

5、変化形

 

---早くて精度の高いボールが決め手---

現代サッカーの最大の得点チャンスは、セットプレー(リスタート)だ。


コーナーキック、フリーキックなどは相手に邪魔されず、自分たちのタ

イミングで攻撃を仕掛けることができる。


しかも、アイデアを一致させて完全な意思統一をはかることができるため、

レベルを問わず、大きな武器となる。


コーナーキックの場合、ニアサイドかファーサイド狙い、もしくはショー

トコーナーを使うことが一般的だが、いずれにしてもボールスピードが決

め手だ。


遅いとコースを読まれるため、速くて精度の高いボールがキッカーに求められる。

 

 

答え:ファールではないですよね!!
スローインは、両足裏がしっかり付いていればオッケーですよ。
ただし極端なカラダのぶれ、からだは正面に向けましょう(^o^)





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ