攻撃のチーム戦術 セットプレーA







攻撃のチーム戦術 セットプレーA

更新日:2016年02月13日

こんにちは、今日の課題は、昨日に続きセットプレーAです。
セットプレーの知識をもっと深めていきましょう。

その前に問題です。解答は記事下です。


問題:監督、コーチが指示を出す。テクニカルエリアがあります。

指示を出せる、または、何人まではいれると思いますか?

1、4人

2、2人

3、3人

4、1人



 

攻撃のチーム戦術 セットプレーA

 

 


コーナーキックA

※GKが嫌がるニアサイド狙いが最大の得点チャンス




---ニアサイドを狙いの基本パターン---

ニアに入る順番と走るコース、

ポジショニングをある程度決めておくことが大事。

試合ではボールの質や相手の守備陣形によって臨機応変に動く

 

☆POINT☆

ニア入る順番を決める。

 

---基本パターンからの応用---

GKを含めた相手守備陣がニアサイドを警戒している場合、

ニアを狙うと見せかけてファーサイドを狙う。

ニアをおとりにすれば、フリーな状況を作り出せる。

 

☆POINT!☆

仲間をおとりにして、ファーサイドを活かす。

 

---ニアに入る順番とポジションを決めておく---

コーナーキックはGKが出にくい、または出られない、迷いの生じる

コースに蹴ることが基本。


判断ミスがキャッチミスにつながり、大きなチャンスとなる。


GKにとっていちばん嫌なのは、ニアサイドで合わせられることだ。


速いボールがニアサイドにきてヘディングされると、いくら優秀な

GKでも防ぎようがないからだ。


ニアサイド狙いを成功させるには、ニアに入る順番とポジションを

ある程度決めておくこと。


ボールのスピードやコースが多少変わっても対応できるようにして

おけば、得点率はアップする。



 

 

答え:そうです!1人しかダメなんですよ。
それを知らずにやっちゃうと監督でもコーチでも
警告、または、退場を与えられますよ(^o^)





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ