守備の個人戦術 1対1のディフェンス@







守備の個人戦術 1対1のディフェンス@

更新日:2016年02月13日

こんにちは、今日の課題は、1対1のディフェンス@です。
守備の意識、1対1のディフェンス知識をもっと深めていきましょう。
その前に問題です。解答は記事下です。

 

問題:サッカーに関わる人必ず分からないといけない問題ですよ。5号球です。
ボールのサイズは外周が定められています。外周何cm。

1、65cm

2、72cm

3、70cm

4、66cm

 

守備の個人戦術 1対1のディフェンス@

 

 

基本姿勢
※ボールに集中しすぎてはダメ。

顔を上げて広い視野を確保する。

 

---バランスのいい体勢---
1対1の守備では、相手がどんな動きをするのかわからない。

どの方向にドリブル突破をはかってきても、素早く対応できるように重心をセンターに置き、顔を上げて広い視野を確保する。

 

☆POINT☆
上体を起こす---Goodスタイル---

 

---バランスが悪い体勢---
相手の足元やボールばかりを見ていると、

前傾角度が深くなり、重心が前にかかる。顔の向きも極端に下向きになるため、

視野が狭くなりまわりの状況を把握できない。

 

☆POINT!☆
前傾が深い---Badスタイル---

 

---相手の動きに対応できる、バランスのいい構えが基本---
ドリブルで向かってくる相手に対して、どのように対応するのか。


1対1のディフェンスはここから始まる。


よくボールを奪おうとして前傾角度が深くなる人がいるが、これ
ではいけない。


ボールに集中しすぎると顔が下を向き、自ら視野を狭くしてしま

うからだ。

基本姿勢は上体を起して顔を上げ、視野を広くすること。


1対1だからと言って、相手がドリブル突破をしてくるとは限らない。


視野が広ければパスを出された時の対応もスムーズになる。


相手がどんな動きをしても対処できるように、バランスのいい構えを

取ることが鉄則だ。

 

答え:そうです!70cmです。
サッカーボールには意外と決まりがありますよ。
空気圧であったり、形であったり、意外と多いんですよ(^o^)





関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ