守備の個人戦術 1対1のディフェンスB







守備の個人戦術 1対1のディフェンスB

更新日:2016年02月13日

こんにちは、今日の課題は、1対1のディフェンスBです。
守備の意識、1対1のディフェンス知識をもっと深めていきましょう。
その前に問題です。解答は記事下です。


問題:サッカーのライン。実は決まっています。何cmから何cmって。
   ちょっと難しいので、ラインの幅は、何cm以下にしますか?にします。
1、10cm
2、13cm
3、12cm
4、14cm


守備の個人戦術 1対1のディフェンスB


ボールを奪う@
※自分の間合いに相手を引き込んで勝負する


---自分の土俵で勝負する---
1対1では相手との駆け引きが勝負の分かれ目。
攻撃側に主導権がある場合でも、自分の間合い(土俵)に相手を引き込むことで、
ペースを握り主導権を奪い取る。

---ドリブルを阻止するディフェンス---
相手がドリブル突破を仕掛けてきた場合。まず、相手の動きを見ながら、自分が
勝負できる間合いを作る。

☆POINT!☆
相手の足元からボールがはなれた瞬間を狙う。
相手の足元にあるボールは取りにくいが、離れていればボールダッシュの成功率
は高くなる。

---相手がボールを触った瞬間がチャンス---
剣道やフィッシング、ボクシングなどの1対1で戦うスポーツは、敵との
「間合い」がすべてだといわれる。

いかに自分の間合いで戦えるか。

これはサッカーでも同じことで、ドリブルを仕掛けてくる相手に対して、
いい意味で適当な間隔を取ることが重要だ。

相手との間隔は人それぞれでかまわないが、近すぎても遠すぎてもいけない。

近ければ簡単にかわされるし、遠ければ自由にさせてしまう。

相手がボールを触った瞬間にアタックできる間隔が理想的。

自分の間合いに相手を引き込むことができれば、自らフェイントをかけて
ボールを奪うこともできる。


答え:3 12cm以下となります。

     結構ラインの幅って大きいんですよね(^o^)




関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
攻撃のチーム戦術 セットプレーC

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ