攻撃のチーム戦術 セットプレーC







攻撃のチーム戦術 セットプレーC

更新日:2016年02月13日

こんにちは、今日の課題は、昨日に続きセットプレーCです。
セットプレーの知識をもっと深めていきましょう。
その前に問題です。解答は記事下です。


問題:ロスタイム、最近ではアディショナルタイムといいますが、
   アディショナルタイムがある場合はどうしますか?
1、主審の判断で決める。
2、試合時間が長引いているので、追加しない。
3、必ず、2〜3分は取って上げる。
4、ロスした分、プレー中に試合が止まった分をしっかり追加する。


攻撃のチーム戦術 セットプレーC

 

 

フリーキックA
※ゴールに向かうボールと逃げるボールで、GKを惑わす


---ゴールに向かって曲がるボール---
DFは戻りながら守備をするため、
攻撃側のほうが有利な体勢にもちこめる。
触れれば1点、触らなくても直接ゴールインになるケースもある

☆POINT☆
ニアサイドで点で合わせる

---GKから逃げるボール---
GKが取れそうで取れないボールが理想的。
GKが前に飛び出すタイミングを間違えればビッグチャンス。
受け手側は直接シュート、または折り返してチャンスを作る。

☆POINT!☆
カーブをかけてゴールキーパーを前に誘い出す。

---直接狙わず、ゴール前で合わせる場合---
蹴る場所によって角度が変わるということは、キッカーの球質も多様になる。

直接狙わず、ゴール前で合わせていくときには、ゴールに向かうボールと
GKから逃げるボールを使い分けて、GKを惑わすことがポイントだ。

ゴールに向かって曲がるボールは、触れれば1点になるケースが多い。

DFは戻りながらの対応になるため、ヘディングする時でも攻撃側が有利に
なる。

GKから逃げるように曲がるボールは、強いシュートが打てるメリットがあり、
GKを前に出させて判断ミスを誘えばゴールは無人になる。

 

答え:そうですよね!ロスした分しっかり取って上げましょう。

   それがルールです。自分勝手に判断してはいけませんよ!!(^o^)




関連ページ

戦術とは何か!!
心技体の充実をはかる
チャレンジ精神とゴールへの執着心
いつ、どこで、誰と、何をするのか?
自分の視野と相手の死角を常に意識する
スペースを作る動きと埋める動き
攻撃の個人戦術(ドリブル1)
攻撃の個人戦術(ドリブル2)
攻撃の個人戦術(ドリブル3)
攻撃の個人戦術(ドリブル4)
攻撃の個人戦術(ドリブル5)
攻撃の個人戦術(ドリブル6)
攻撃の個人戦術(ドリブル7)
攻撃の個人戦術(ドリブル8)
攻撃の個人戦術 プルアウェー@
攻撃の個人戦術 プルアウェーA
攻撃の個人戦術 プルバック
攻撃の個人戦術 ダイヤゴナルラン
攻撃の個人戦術 パス
攻撃の個人戦術 パスA
攻撃の個人戦術 GKとの1対1
攻撃の個人戦術 GKとの1対1A
攻撃の個人戦術 ヘディング@
攻撃の個人戦術 ヘディングA
攻撃のグループ戦術 パス
攻撃のグループ戦術 パス@
攻撃のグループ戦術 パスA
攻撃のグループ戦術 ポストプレー@
攻撃のグループ戦術 ポストプレーA
攻撃のグループ戦術 ポストプレーB
攻撃のグループ戦術 ワン・ツー@
攻撃のグループ戦術 ワン・ツーA
攻撃のグループ戦術 スルーパス@
攻撃のグループ戦術 スルーパスA
攻撃のグループ戦術 スルーパスB
攻撃のグループ戦術 スルーパスC
攻撃のグループ戦術 スイッチ@
攻撃のグループ戦術 スイッチA
攻撃のグループ戦術 サードランニング@
攻撃のグループ戦術 サードランニングA
攻撃のグループ戦術 トライアングル
攻撃のチーム戦術 ゲームコントロール
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジ@
攻撃のチーム戦術 サイドチェンジA
攻撃のチーム戦術 アーリークロス@
攻撃のチーム戦術 アーリークロスA
攻撃のチーム戦術 オーバーラップ@
攻撃のチーム戦術 オーバーラップA
攻撃のチーム戦術 カウンターアタック
攻撃のチーム戦術 セットプレー@
攻撃のチーム戦術 セットプレーA
攻撃のチーム戦術 セットプレーB
守備の個人戦術 1対1のディフェンス@
守備の個人戦術 1対1のディフェンスA
守備の個人戦術 1対1のディフェンスB