最後のロッカールーム 初芝橋本高等学校







最後のロッカールーム 初芝橋本高等学校

更新日:2018年08月27日

初芝橋本高等学校

 

第89回 全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム 【DVD】

 

こんにちは、今日は、初芝橋本高等学校の第89回大会の

 

最後のロッカールームでの話を送ります。

 

その前に全国高校サッカー選手権にまつわる問題です。

 

答えは記事下です。

 

問題

 

第64回全国高校サッカー選手権に出場。
読売クラブで成長したテクニックを武器に活躍した。
高校は東京代表修徳高校の選手は誰?

 

@北澤豪

 

A中田浩二

 

B磯貝洋光

 

C中田英寿

 

エピソード

 

プロ選手を多く輩出している初芝橋本高等学校。サッカー名門校だ。

 

だが、最近は、全国高等学校選手権にもなかなか出られず、今回4年ぶりの出場になる。

 

名門復活を期待されていた。

 

相手校の尚志高等学校も強豪。どちらも攻撃主体のチーム同士の戦い。

 

前半から激しい攻撃でカウンターの応酬。

 

先制点は尚志高等学校がとった。

 

あきらめることなく、攻撃を仕掛ける初芝橋本高等学校だが、後半2点追加される。

 

それでもあきらめず、果敢にゴールを目指したが、無常にもゴールを割ることはなかった。

 

阪中監督は、赴任して1年目。初戦突破と成長した選手を見て、高く評価した。

 

戦いが終わってからの阪中監督の最後のロッカールーム。

 

監督からの最後の言葉だ。

 

第89回 対尚志高等学校 2回戦 0-3

 

阪中義博監督最後の言葉です・・・

 

「技術も高いし、運動量もある。

 

先生がやりたい、こんなんやりたいなぁ、

 

あんなんやりたいなぁ、そのサッカーがすごい出てた。

 

ここでは涙しても構わないと思う。

 

悔しさもあるだろうし、そりゃ勝つ方が一番いいと思う。

 

でも、結果がすべてじゃない・・・。

 

これからの人生、サッカーだけじゃない。

 

3年生は次のステップ、2年生も次のステップ、

 

1年生も次のステップ、

 

その第一歩を踏み出したんやと思う。

 

先生が1年間見てきて、一番先に言うた言葉、

 

『変われ!』。

 

それを最後に先生は見せてもらったと思う。

 

これが先生のベストゲーム!」

 

答えは・・・1、北澤豪選手でした。

 

小柄な体ながら卓越したインターセプト、

 

先を読む技術でパスカットを多くできた一人。

 

ワールドカップ最終予選で三浦知良と二人、

 

落とされたことも記憶に残ってますね。

 






サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ