最後のロッカールーム 富山県立水橋高等学校







最後のロッカールーム 富山県立水橋高等学校

更新日:2018年08月27日

富山県立水橋高等学校

 

第89回 全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム 【DVD】

 

こんにちは、今日は、富山県立水橋高等学校の第89回大会の

 

最後のロッカールームでの話を送ります。

 

その前に全国高校サッカー選手権にまつわる問題です。

 

答えは記事下です。

 

問題

 

第70・72回大会に出場して、優勝に貢献した清水商の守護神は誰?(5年ぶり出場)

 

@川口能活

 

A南雄太

 

B下川健一

 

C植村修一

 

エピソード

 

公立高校の中で、体育コースがある唯一のスポーツ教育が盛んな水橋高等学校だ。

 

ここ数年は、富山県でライバルの富山第一高校に県代表の座を奪われてきた。

 

ようやく今年、8年ぶりに選手権の切符をつかんだ。

 

苦杯をなめてきたため復活をアピールしたい気持ちがある。

 

初戦は、那覇西高等学校。

 

試合直後、すぐ試合が動いた。

 

水橋高等学校は、

 

ゴール前に飛んだロングボールのこぼれ球を押し込んで、先制。

 

開始20秒だ。

 

那覇西高等学校は、いきなりの先制にも慌てず、冷静さを失わなかった。

 

前半13分に同点に追いつくと、さらに後半追加点を入れて、勝利した。

 

水橋高等学校の選手権は終わった。

 

安井監督からの最後のロッカールーム

 

最後にかけられた言葉だ。

 

第89回 対那覇西高等学校 2回戦 1-2

 

安井孝志監督最後の言葉です・・・

 

「出しきったよ、力。

 

いいゲーム、いいゲーム。

 

お前たちの財産になった。

 

3年生は一人ひとりの進路に生かせたな。

 

1、2年生はこの悔しさを忘れずに、来年もう1回来るんだよ。

 

課題しっかりやれよ。ありがとうな、

 

ナイスゲーム!」

 

答えは・・・1、川口能活選手でした。

 

元日本代表ゴールキーパー

 

Jリーグの大会で味方選手から

 

手を蹴られて堪えきれず味方選手のお尻を蹴り飛ばしたのが記憶に残ります。

 






サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ