最後のロッカールーム 富山南高等学校







最後のロッカールーム 富山南高等学校

更新日:2018年08月26日

富山県立富山高等学校

 

第90回 全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム 【DVD】

 

こんにちは、今日は、富山県立富山南高等学校の第90回大会の

 

最後のロッカールームでの話を送ります。

 

その前に全国高校サッカー選手権にまつわる問題です。

 

答えは記事下です。

 

問題

 

第72回大会。日本のカリスマ、韮崎高校出身の選手は誰?

 

@前園真聖

 

A遠藤保仁

 

B大久保嘉人

 

C中田英寿

 

エピソード

 

女子が全校生徒の7割、3年生のサッカー部員はたったの4名。

 

そんな中、全国高等学校選手権大会初出場を決めたのが、富山南高等学校。

 

富山県予選決勝で、選手権大会常連の富山第一を見事破って初出場を決めた。

 

全国高校サッカー選手権初戦では、佐賀東高等学校をPK戦の末下し、2回戦に進めた。

 

初出場で初勝利、これだけでも快挙だが、2回戦では強豪、奈良育英高等学校を相手に、

 

堂々の戦いで、先に4点奪われてしまった。

 

後半の中盤を過ぎに怒涛の攻撃が始まった。

 

後半29分から34分の間で3点取り返したのだ。

 

3−4の1点差まで追いついた。

 

奈良育英高等学校は冷静に判断をし、1点追加して試合を決めた。

 

4点奪われながらも最後まであきらめない姿勢は、胸を熱くした。

 

これぞ、ザ・高校サッカーってところだな。

 

そしてこれが、最後のロッカールーム、前田監督が最後に選手にかけた言葉だ。

 

第90回 対奈良育英 2回戦 3-5

 

前田篤監督最後の言葉です・・・

 

「まずは、先生がお前らに感謝する。ありがとう。

 

先生をここまで連れてきてくれて、本当、お前らに感謝や。

 

まだなぁ、まだなぁ、3年生はこれで高校時代のサッカーが終わるけど、

 

サッカー人生は終わっとらんぞ。

 

この芝の感触を忘れたらあかんぞ。

 

1、2年生は来年もう1回、ここに来るんや。なぁ、

 

お前らががんばれば必ずできるから。

 

この雰囲気忘れたらあかんぞ。3年生にはほんとに感謝や。ありがとう!」

 

答えは・・・4、中田英寿選手でした。

 

この人がいたから日本のサッカーが変わったといっても過言ではないでしょう。

 






サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ