最後のロッカールーム 香川西高等学校







最後のロッカールーム 香川西高等学校

更新日:2018年11月13日

香川西高等学校

 

 

 

第90回 全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム 【DVD】

 

 

 

こんにちは、

 

今日は、香川西高等学校の第90回大会の

 

最後のロッカールームでの話を送ります。

 

その前に名言を紹介しますね。

 

名言

 

あまりにも先の大きな目標を見すぎるよりも、

 

今この時点で、やらなくちゃいけないことを

 

しっかりやっていったほうが近道になる。
(ニューヨーク・ヤンキース 松井秀喜)

 

2007年、5年目のメジャーリーグ・シーズン開幕直前に、

 

日米通算2000本安打達成やプレーオフ出場などの

 

大きな目標について尋ねられたときの言葉。

 

 

 

「そのときそのときにちゃんとやらなくちゃいけないことをやっていった、

 

その積み重ねじゃないんですかね」

 

ある程度頑張れば、

 

実現できる数字っていうのがある。

 

目標っていうのはそこに設定したほうがいいんですよ。
(シアトル・マリナーズ イチロー)

 

2003年、メジャーリーグ後半戦の目標について尋ねられたときの言葉。
「あまり高いところに設定すると、それに届かないときの
”挫折感”みたいなものを味わうので」

 

 

 

「どんな状況になっても、

 

謙虚な姿勢と毎日の反省、日々に感謝。

 

この3つをやっていれば自然と

 

人生、上手くいくんだ」

 

っていうのが両親の教えです。
(サッカー日本代表 中澤佑二)

 

2004年にJリーグMVPを受賞し、日本代表チームでも
ディフェンスの要にまで成長した中澤選手が、
昔から変わらずに守り続けている。両親からの教え。

 

 

 

 

 

 

 

第90回 対聖和学園 1回戦 1(3PK4)1

 

大浦 恭敬督の最後の言葉です・・・

 

「3年生、お疲れさんでした。

 

いろんな意味で、厳しいことも言いました。

 

しかし結果として試合には負けましたけれど、

 

試合の内容については皆満足していると思います。

 

この悔しさを、3年生は大学などの進路先において、

 

将来役に立ててください。

 

1、2年生はこれ悔しさを忘れないで、

 

来年のチーム作りに励んでいってください」

 

 

 

 






サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ