最後のロッカールーム 東京都立久留米高等学校







第85回最後のロッカールーム 東京都立久留米高等学校

更新日:2019年03月21日

東京都立久留米高等学校

 

 

 

第85回 全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム [DVD]

 

 

 

 

こんにちは、今日は、東京都立久留米高等学校の第85回大会の

 

最後のロッカールームでの話を送ります。

 

その前に名言を紹介しますね。

 

名言

 

常に自分であれ!

 

 

 

送料無料 スポーツタイツ メンズ 裏起毛 レギンス ランニング 登山 保温 着圧 防寒 サポート インナー コンプレッション 大きいサイズ ブラック ヒップ ロング 加圧 スパッツ 陸上 自転車 おしゃれ アウトドア 野球 膝 サッカー【cn-ig-484】

 

 

 

 

目標に向かって何かをやろうとしたら必ず耳元で囁く人がいます。

 

「そんなのは無理だよ、やってどうすうんだよ」と。

 

ドリームキラーと言います。

 

是非ドリームキラーにはならないで、夢を作る人になってもらいたいです。
(岡田武史)

 

 

 

夢は「近づきたい」と思う限り、ずっとそこにいてくれます。

 

夢は、絶対に逃げていかないんです。
(澤穂希)

 

 

 

夢は叶うもの。

 

叶わなければまだ努力が足りないということ。
(清武弘嗣の父)

 

 

 

僕にとって、課題を克服することが、一番のサッカーの醍醐味。
(岡崎慎司)

 

 

 

第85回 対作陽高等学校 1回戦1-2

 

斉藤登監督の最後の言葉です。

 

 

 

「顔、上げようよ。お前たちの顔、見せてくれよ。

 

いつかなぁ、こういう日が来るのは当然分かっていたけど、

 

こんな、大晦日までとは思ってなかったよ・・・。

 

今日、負けたけどな、今日は敗者でも、

 

お前たちは東京の代表であり、東京の勝者として、

 

ここに来たんじゃないか。

 

今日負けたのは悔しいけど、胸を張ろう。

 

全国でも、堂々と、いい試合ができたじゃないか。

 

でもな、俺は、その結果よりも、お前たちが3年間努力したことは、

 

ほんと、素晴らしいと思う。

 

後輩もいない中で、毎日、毎日、グランド整備して・・・。

 

誰も真似できないよ。

 

その努力にな、ご褒美をくれたんだ、神様が。

 

結果もそうだけれども、

 

その3年間の努力に胸を張れ、お前たち」

 

 

 

送料無料 スポーツタイツ メンズ レギンス ランニング 登山 保温 着圧 防寒 サポート インナー コンプレッション 大きいサイズ ブラック ヒップ ロング 加圧 スパッツ 陸上 自転車 おしゃれ アウトドア 野球 膝 サッカー【cn-ig-476】

 

 

3年間の努力に胸を張れ!

 

負けた瞬間、

 

選手の心は折れそうになる。

 

それから寂しさ。

 

もうこのチームのメンバーで

 

サッカーはできない。

 

その時に、

 

「3年間の努力に胸を張れ」という

 

監督の言葉が選手を慰める。

 

監督、仲間と3年間

 

全力を注ぎ込んだという事実が、

 

清々しい気持ちにさせる。

 

 

 

adidas(アディダス)テックフィット BASE ロングスリーブ インナー アンダーシャツ サッカー日本代表 防寒着 スポーツウェア トレーニングウェア loz73

 






サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ