第87回大会 最後のロッカールーム







第87回最後のロッカールーム 滝川第二高等学校

更新日:2019年03月21日

滝川第二高等学校

 

 

 

第87回 全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム 【DVD】

 

 

 

 

こんにちは、

 

今日は、滝川第二高等学校の第87回大会の

 

最後のロッカールームでの話を送ります。

 

その前に名言を紹介しますね。

 

 

 

名言

 

サッカーは本当に何が起こるかわかりませんから。

 

「えっ、こんなことが起こるのか」

 

というようなことを起こしたいんですね。

 

※3度目の出場となるサッカーW杯ドイツ大会に向けた言葉。
3大会連続の選出ではあったが、
ピッチに立ったのは98年のフランス大会のみで、
しかもチームはまだ一勝も挙げていなかった。
だからこそ、
ドイツ大会での歓喜の瞬間を味わいたいと願っていた。

 

(サッカー日本代表 川口能活)

 

 

 

夢を捨てずに、諦めずに、

 

希望を持って、かっこいい大人になってください。

 

※2006年、
フロッグタウンミーティング
「北島選手は全国の小学校で水泳の授業や講演を行うイベント」
での北島選手の言葉。
北島選手は水泳を通して、
小学生たちに夢を持つことの大切さを伝えていた。

 

(プロスイマー 北島康介)

 

 

 

メダルを取れると思ったら取れるんですよ、

 

やる気次第っていうか、気持ち次第で。

 

※「強さの秘密は何ですか?」と尋ねられた時の言葉。
「自分の強さは、体が大きいとか小さいとか、
そういうところにあるんじゃないと思います」

 

(プロスイマー 北島康介)

 

 

 

第87回大会 準決勝(埼玉スタジアム2002)

 

鹿児島城西高等学校[鹿児島]6−2滝川第二高等学校[兵庫]

 

準々決勝の相手は鹿児島城西高等学校。

 

後半19分までに鹿児島城西が6点の大量リード。

 

ここから滝川第二の反撃が始まった。

 

後半25分、

 

31分と立て続けに2点を返す。

 

その後も奇跡を信じて攻めるが及ばず、

 

2−6で敗戦。

 

全国制覇を目指した戦いは、

 

準々決勝で終わった。

 

 

 

この試合の最後のロッカールーム、栫裕保監督の最後の言葉です。

 

「お疲れ。

 

かっこよかったよ。

 

最後まで、

 

一生懸命、

 

点を取りに行った姿は、

 

非常にかっこよかった。

 

それと、

 

ベスト8まで来れた。

 

うまくもないし、

 

強くもないし、

 

努力だけで本当、

 

ここまで来れた。

 

・・・さぁ、

 

この字、

 

3画足りんかったな。

 

この字をよく目に焼き付けて、

 

ね、

 

あと足らない3画は、

 

時期は違うと思うけど、

 

3年生は一生かけて、

 

この「成」を完成させてください。

 

今からスタートだから。

 

みんなの人生長い。

 

今からスタートするんだから、

 

絶対忘れないように。

 

これは、

 

滝二サッカー部の宝として、

 

ずっと飾る。

 

選手権トップチームを、

 

本日、

 

解散する!」

 

※今からスタートだから

 

 

 

 






サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ