最後のロッカールーム 京都橘高等学校







最後のロッカールーム 京都橘高等学校

更新日:2018年08月26日
京都橘高等学校

 

第95回全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム [DVD]

 

こんにちわ

 

名言を紹介しますね。

 

ひたすら前へ!!

 

==============================

 

我々の仕事は次のために最善の準備をすることだ。

 

今日負けても明日は別の日であり、勝利を祝う時間すらない。

 

我々の人生は、恐れも、泣くことも知らず、ただ前を見て進んでいく者たちの人生だ。

 

【ジョゼ・モウリーニョ】

 

==============================

 

京都橘が第95回 全国高校サッカー選手権に出場した時の、

 

米澤一成監督の最後の言葉を贈りたいと思います。

 

第95回 対市立船橋 1回戦 0-1

 

米澤一成監督の最後の言葉です・・・

 

「悔しいとこまでいくっていうのは、これからみんなたくさんある。

 

サッカーだけじゃなくて、せやけど、そこで勝ちきるとか、

 

掴み取るってことが、難しい。

 

惜しかったけど残念ながら結果は負けているとか。

 

掴み取ってないとか、こんなんで全然満足してたらあかんねん。

 

勝ちきらな、勝負に。

 

この3年生はよかった。いいと思う。思い出みたいになってしもうけど。

 

もうちょっとやりたかったな。

 

引退か・・・

 

ぜひ次のステージで、この悔しいというか、勝ちきれなかった、

 

掴み取れなかった、ことを掴み取って欲しい。」

 

この言葉は、対市立船橋との試合の後です。

 

岩崎悠人擁する京都橘と市立船橋の対決。

 

米澤監督のこの最後の言葉からも悔しさが伝わってきますね。

 






サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ