最後のロッカールーム 大分高等学校







最後のロッカールーム 大分高等学校

更新日:2018年10月23日

大分高等学校

 

 

 

第95回全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム [DVD]

 

 

 

こんにちは、

 

今日は、大分高等学校の第95回大会の

 

最後のロッカールームでの話を送ります。

 

その前に全国高校サッカー選手権にまつわる問題です。

 

 

 

高校サッカー 問題

 

答えは記事下です。

 

今までにないPK戦、29本の死闘を戦ったチームはどことどこ?

 

1帝京高等学校VS市立船橋高等学校

 

2鹿児島実業高等学校VS国見高等学校

 

3鵬翔高等学校VS星稜高等学校

 

4室蘭大谷高等学校VS宇都宮学園高等学校

 

 

 

 

第95回 対滝川第二 2回戦 0−6

 

川崎元気監督の最後の言葉です・・・

 

「結果はこうなったけども、勝負にこだわって最後まで攻撃しよう

 

ということで、あの点差になったことは気にしなくていい。

 

最後までみんな諦めずに戦ってくれたことは感謝している。

 

3年生は本当に俺と一緒に戦ってくれてありがとう。

 

戦えたことを誇りに思います。

 

1、2年生はこの思いをしっかりつなげていけるように、

 

本当お疲れ様でした。

 

ありがとう」

 

 

 

答え4、 室蘭大谷高等学校VS宇都宮学園高等学校

 

MF財前選手のいる北海道、室蘭大谷高等学校と黒崎選手のいる

 

宇都宮学園高等学校の死闘です。

 

両エース対決でも話題を呼んだ試合でした。

 

黒崎の強烈ロングシュートと攻撃力を武器に戦う宇都宮学園。

 

対抗して、もう一人のMF野田選手と財前の支配した攻撃力

 

が武器の室蘭大谷。

 

一歩も引かぬままPK戦へ。

 

結果15-14で室蘭大谷高等学校が勝利した。

 

全国高校サッカー選手権大会の歴史に残る名勝負となりました。

 

 

 






サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ