最後のロッカールーム 前橋育英高等学校







最後のロッカールーム 前橋育英高等学校

更新日:2018年11月11日

前橋育英高等学校

 

 

 

第95回全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム [DVD]

 

 

 

こんにちは、

 

今日は、前橋育英高等学校の第95回大会の

 

最後のロッカールームでの話を送ります。

 

その前に名言を紹介しますね。

 

名言

 

スタメンから外されても、ふて腐れるんじゃなく、

 

もっと必死になって練習に励まなきゃ。

 

その根性がなければ、ポジションは手に入らないんだよ。
(カルロス・テベス)

 

 

 

壁がないとイヤなんだ。

 

普通にただ単純にサッカーをやっているのは、落ち着かない。

 

常に追われているぐらいが、僕にとってはちょうどいい。
(中村俊輔)

 

 

 

大抵の仕事は困難にぶつかるものである。

 

しかし、困難が大きければ大きいほど、

 

きっと立派な仕事になるだろう。
(デトマール・クラマー)

 

 

 

 

 

 

 

第95回 対青森山田 決勝 0ー5

 

山田 耕介監督の最後の言葉です・・・

 

「夏の時期から比べると随分成長したんだね。

 

今日の決勝に関して言えば、みんな、おそらくね、

 

一生後悔するよ。

 

忘れられないもん。

 

一生後悔がついて回っていくよ。

 

何かあった時は思い出さなくちゃいけない。

 

5−0だから。

 

5−0だぞ。

 

よくやった。

 

全国準優勝よくやりました。

 

でも5−0だから。

 

それを、これからお前たちは、

 

人生の何かにしなきゃいけない。

 

何かあった時、思い出せ。

 

お前たちの人生、

 

まだこれからなんだ。

 

これから切り替えてやっていかないといけないと思う」

 

 

 

 

 

 






サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ