最後のロッカールーム 北陸高等学校







最後のロッカールーム 北陸高等学校

更新日:2018年11月14日

北陸高等学校

 

 

 

第95回全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム [DVD]

 

 

 

こんにちは、

 

今日は、北陸高等学校の第95回大会の

 

最後のロッカールームでの話を送ります。

 

その前に名言を紹介しますね。

 

名言

 

夢を見るのは自分。

 

夢を叶えるために頑張らなくちゃならないのも自分。
(澤穂希)

 

 

 

ケガして思ったのはやっぱり、「チャンスや」と。

 

僕、今までこういうケガをしたことなかった。

 

遠い試合に向けて自分を作り直せるのはチャンスやと思う。
(本田圭佑)

 

 

 

君は今、大変なことをやろうとしている。

 

大変なことだからすばらしいのだ。

 

すばらしいことをする人間が、くじけてはいけない。
(デトマール・クラマー)

 

 

 

 

 

 

 

第95回 対鹿児島城西 1回戦 0−1

 

松本 吉英監督の最後の言葉です・・・

 

「結論は、北陸には涙のロッカールームはない。

 

人生のスコアボードは永遠に続く。

 

今日は残念だった。

 

だけれども立派に戦って立派に負けた。

 

恥じることは何もない。

 

破れて悔しいなしだな。

 

今の俺の気持ちとしてはねぎらいの言葉しかない。

 

みんなよく頑張った。

 

みんなと一緒にサッカーをやってきてよかった。

 

あのね、今までも本当に頑張って、

 

本当にここまでやったらいいよというのはあったんだけど、

 

俺ね、今日のゲームは忘れないよ。

 

一生忘れない。

 

それからもう一つ。

 

ゲームだけじゃなくて、

 

君らのことも一生忘れない。

 

もうプレイだけじゃなくて全てね」

 

 

 

 

 

 






サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ