”半端ないって言われたいし・・・”







”半端ないって言われたいし・・・”

更新日:2019年02月23日

 

”半端ないって言われたいし・・・”

 

今大会への闘志を燃やすもう一人の得点王候補、山梨学院の加藤拓己。

 

身長181cm、体重84kg、という屈強な体。その身体能力を生かし、
空中戦には絶対の自信を持つ。

 

ついたあだ名が空飛ぶマッチョ!

 

”ヘディングっていうのは、まぁ 自分の特徴のひとつなので、
本当に制空権は譲る気はないですし、そこを負けてしまうとやっぱり、
自分の存在意義がなくなってしまうので・・・”

 

三人兄弟の末っ子に生まれた加藤、サッカーを始めたのは3歳。
高校は、名門の山梨学院へ。

 

だが、そこで壁にぶつかる。

 

”やっぱり、体の弱さがまだ課題であったので、筋トレをはじめて
今もずっとそこは、継続していますね。”

 

自身の弱さを克服するため、筋力トレーニングに汗を流す日々を送った。
すると、加藤の体に大きな変化が・・・

 

筋力の鎧をまとった事で、体重が12kgも増加。

 

当たり負しない体を作り上げ、ゴールを量産。

 

全国レベルへの選手へと成長した。

 

そんな加藤は選手権への思いは誰よりも強いものがある。

 

前回大会、そこに、エース加藤の姿はなかった。

 

大会前に左足を骨折。スタンドからただずっと試合を見つめていた。

 

3回戦チームは(山梨学院0-4駒澤大高)で窮地に追い込まれる。
その様子に思わず・・・涙

 

”自分が何も出来ない情けなさ自分の未熟さを強く痛感しましたね。”

 

エース加藤を欠いたチームは3回戦で敗退。

 

試合後、申し訳なさでいっぱいの加藤を先輩たちが激励。
その優しさに胸をうたれた。

 

この経験によって加藤に大きな変化が・・・

 

”去年なんかはチームのためなんか思ったことはなかったですけど、
選手権が終わってから、チームメイトの大切さに改めて気づいて・・・”

 

仲間があってこその自分、その気づきが更なる成長に

 

そして、新チームではキャプテンに就任。

 

その劇的な変わりように皆が驚いた。

 

安部一雄監督

 

”選手の悩みを聞いてあげたりとか、その自分が率先して色んな事を
少しずつ取り組むようにはなってきましたね。”

 

チームメイト

 

”自分のことじゃなくて、選手のことを考えて接してくれるように
なったことに感謝します。”

 

チームメイトを思う気持ちは、加藤が暮らす寮の部屋にも。

 

juice(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

それは、1枚の張り紙。【36人で日本一】

 

”3年生が36人なんですけど、まぁ、マネジャーも入れて・・・
辛いときも、楽しいときもずっと、一緒にいたのがこの36人なんで、
このメンバーで、日本一を取ることに意味があると思っているので・・・”

 

この仲間と挑む最後の大会、この仲間と日本一を掴みたい。

 

そんな熱い思いを胸に、キャプテンとしてチームを引っ張ってきた。

 

向かえた今年の県大会決勝。
そして、待ち焦がれたその瞬間が訪れる。

 

山梨学院が2年連続となる6回目の選手権への切符を手に入れた。

 

あの悔しさから1年。

 

心身ともに成長した加藤。

 

最初で最後の選手権へ挑む。

 

”大迫選手を超えられるように得点王になれるように頑張りたいなぁと思います。”

 

安藤瑞季選手へのコメント

 

”あいつには負けたくないですし、誰もがその2人の結果というのは注目するとは思うので
本当に負けないように・・・”

 

優勝から1年 王者・青森山田

 





関連ページ

今大会の応援リーダー大迫勇也
2年連続5回目の出場 長崎総合科学大学付属高校
優勝から1年 王者・青森山田
大迫を越えろ! 今大会の半端ない選手!
恩師が贈る言葉 最後のロッカールーム
夏のインターハイで準優勝した神奈川の強豪、日大藤沢
Little Glee Monster 応援歌 最後のロッカールーム
第96回 全国高校サッカー選手権 1回戦結果 観戦記事内容
サッカーで学んだ強さ
第96回 全国高校サッカー選手権 2回戦結果 観戦記事内容
誰よりも熱い背中
第96回 全国高校サッカー選手権 3回戦結果 観戦記事内容
実を結び始めたゴール
第96回 全国高校サッカー選手権 準々決勝 米子北VS前橋育英 観戦記事
第96回 全国高校サッカー選手権 準々決勝 明秀日立VS上田西 観戦記事
第96回 全国高校サッカー選手権 準々決勝 長崎総科大府VS流通経済大柏 観戦記事
第96回 全国高校サッカー選手権 準々決勝 日本文理VS矢板中央 観戦記事
戦い続けた応援団長
第96回全国高校サッカー選手権大会 準決勝 4093校の頂点を争う4チームの紹介 上田西(長野)VS前橋育英(群馬)
第96回全国高校サッカー選手権大会 準決勝 4093校の頂点を争う4チームの紹介 流通経済大柏(千葉)VS矢板中央(栃木)
注目選手たちの熱い冬に迫る! 長崎総合科学大学附属3年 FW安藤瑞季
注目選手たちの熱い冬に迫る! 山梨学院(3年) FW加藤拓己
注目選手たちの熱い冬に迫る! 神村学園(3年) MF高橋大悟
「大迫半端ないって」込められた伝統 2年連続20回目出場 滝川第二(兵庫)
前橋育英が悲願達成!!

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ