第96回 全国高校サッカー選手権 準々決勝 米子北VS前橋育英 観戦記事







第96回 全国高校サッカー選手権 準々決勝 米子北VS前橋育英 観戦記事内容

更新日:2018年01月13日

米子北(鳥取)VS前橋育英(群馬) 観戦記事

 

注目は初の日本一を狙う、前回大会準優勝の前橋育英(群馬)。

 

得点ランキングトップを走る飯島陸が(3回戦終了時 5得点)、チームを引っ張る。

 

”今年こそは、優勝目指してやりたい、選手権の借りは、選手権でしか返せない
って思っているので、そういうところにこだわってやっていきたい”

 

試合前 前橋育英 ロッカールーム

 

山田耕介監督

 

”お前たちがやらなきゃいけないのは絶対ここだ!
な、埼スタいかなきゃいけないんだよ
お前たちはそのために1年間 2年間やってきたんだ。”

 

米子北(鳥取)VS前橋育英(群馬)

 

ここまで大会トップの5得点、飯島陸要する前橋育英。

 

初のベスト8進出を果たした鳥取代表の米子北の一戦。

 

開始6分、前橋育英はその飯島陸に早速チャンス。

 

田部井のシュートの最後飯島が飛び込みますがここは、飯島のファール。

 

前半20分には、ロングフィードから飯島が抜け出すと、ここでCKを獲得します。

 

すると、この直後、決めたのは、18歳以下日本代表角田涼太朗。

 

前半21分、セットプレーから前橋育英が先制すると、
さらに今度は、前半27分、左サイドからのクロスに2年生榎本樹が
こぼれ球にすばやく反応し、今大会初ゴール。

 

前橋育英がリードを広げこのまま前半を終了します。

 

エックス 17.1 FG/AG【adidas】アディダス ● サッカースパイク X17FW(S82284)*38

 

 

ハーフタイム 前橋育英のロッカールーム。

 

山田耕介監督

 

”(我々が)ボールを支配するんだ。で、たまに(相手が)来る。
そこにちゃんとリスクマネージメントができているかどうかなんだ。
それがちゃんとできていれば、絶対0点でいけるから
次の1点が勝負だよ、2-1になったら本当にまた、(相手が)
息を吹き返す。
だから本当に攻めていても、リスクマネージメントは
GKもセンターバックもちゃんとやる、OK?よし、頑張って行こう”

 

ハーフタイムに檄を飛ばされた前橋育英

 

しかし後半開始直後、米子北の反撃にあいます。

 

この日、米子北に初シュートを許すと、さらに、後半10分には
再びピンチを迎えます。

 

しかしここは、今大会無失点のDF陣がシュートを許さず、反撃の芽を摘むと、
今度は飯島にチャンス。

 

ここは、シュートまでいたりませんでしたが、飯島は面白いアイデアを見せると、
その3分後、前橋育英が動きます。

 

MF五十嵐理人に代わって、FW宮崎鴻を投入。

 

すると直後の宮崎、途中出場の宮崎がいきなり結果を出します。

 

フィジカルの強さで、手で相手をブロックして、シュート、これが入ります。

 

終わってみれば3-0で米子来たに快勝。

 

注目の飯島にはゴールはなかったものの前橋育英2年連続のベスト4進出です。

 

前橋育英 FW榎本樹(2年) 2得点目
?一緒にFWを組んでいる飯島選手が5ゴールを挙げていたということで
この試合、榎本選手はどんな思いで望んだんですか?

 

”まずは点を取ることを意識して、やっぱり、刺激になるんで、陸さんにも
負けないように点を取りたいと思います。”

 

米子北(0-3)前橋育英

 

高校サッカー選手権 特集記事

 





関連ページ

今大会の応援リーダー大迫勇也
2年連続5回目の出場 長崎総合科学大学付属高校
半端ないって言われたいし・・・
優勝から1年 王者・青森山田
大迫を越えろ! 今大会の半端ない選手!
恩師が贈る言葉 最後のロッカールーム
夏のインターハイで準優勝した神奈川の強豪、日大藤沢
Little Glee Monster 応援歌 最後のロッカールーム
第96回 全国高校サッカー選手権 1回戦結果 観戦記事内容
サッカーで学んだ強さ
第96回 全国高校サッカー選手権 2回戦結果 観戦記事内容
誰よりも熱い背中
第96回 全国高校サッカー選手権 3回戦結果 観戦記事内容
実を結び始めたゴール
第96回 全国高校サッカー選手権 準々決勝 明秀日立VS上田西 観戦記事
第96回 全国高校サッカー選手権 準々決勝 長崎総科大府VS流通経済大柏 観戦記事
第96回 全国高校サッカー選手権 準々決勝 日本文理VS矢板中央 観戦記事
戦い続けた応援団長
第96回全国高校サッカー選手権大会 準決勝 4093校の頂点を争う4チームの紹介 上田西(長野)VS前橋育英(群馬)
第96回全国高校サッカー選手権大会 準決勝 4093校の頂点を争う4チームの紹介 流通経済大柏(千葉)VS矢板中央(栃木)
注目選手たちの熱い冬に迫る! 長崎総合科学大学附属3年 FW安藤瑞季
注目選手たちの熱い冬に迫る! 山梨学院(3年) FW加藤拓己
注目選手たちの熱い冬に迫る! 神村学園(3年) MF高橋大悟
「大迫半端ないって」込められた伝統 2年連続20回目出場 滝川第二(兵庫)
前橋育英が悲願達成!!

サッカー戦術 最後のロッカールーム!! サッカー練習法 高校サッカー選手権 特集記事 2017 ジャージ サイトマップ